星読みワークショップ「2019年を読み解く」

1590959 – black zodiac clock with gold deatail and decoration
星読みワークショップ「惑星の配置から2019年を読み解く

この10年間、時代は大きな転換期を迎えていました。
転換期は「終わっていくこと」と「始まっていくこと」が混在します。新旧交代は社会の新陳代謝を促すためには必須の現象ですが、そこを生きる私たちの思考や内面は大きく混乱しがちです。

しかし、その転換期もそろそろ終焉を迎え、次の時代の扉が見えてこようとしています。特に2020年は、時代の一つの到達点となります。そのため2019年は「ゴール直前の年」と捉えることができます。「ゴール直前の年」とは、どんな年になるのでしょう?あるいは具体的に、どんなことが大切になるのでしょう?

また、2018年の秋から2019年の前半は「火」が強い時代です。そして、2019年の後半からは「地」が強い時代へと移行していきます。つまり、2019年は「火の時代」から「地の時代」への移行期といえます。「火」が象徴する時代とはどんな時代なのでしょう?あるいは「地の時代」に大切なこととはどんなことでしょう?

ワークショップでは、こうしたことを天体の配置からわかりやすく説明します。
占星術に興味があり「時の読み方」を勉強したい人はもちろんですが、2019年に向けて、個人的なテーマや目標を模索している人、あるいは、ビジネスのビジョンの輪郭を明確にしたい人にもお勧めです。

2019年の日本は、昭和から平成を経て新しい時代に入ります。この時代の流れを、天体の配置から整理し、現在の私たちの立ち位置も明確にしていきたいと思います。

東海 豊

日時 2018年12月1日(土)14:00〜16:30(13:30受付開始)
会場 渋谷Hikarie カンファレンスルームC
(〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1)
定員 30名
金額 8,640円(税込)
◆キャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
講師 東海 豊(とうかいゆたか):アストロロジャー

大学を卒業後、大手経営コンサルティング会社で13年間勤務し、様々な企業のサポートに携わる。その後いくつかの霊的経験を体験し、星読みを通して個人の人生をサポートしていく道を選ぶ。星読みでは、個人セッションやグループワークに重点をおき、その人の深い内面や持っている才能、あるいは可能性に焦点を当て読み解き、「その人が本来のその人らしい道を歩むこと」をサポートしている。星の配置の解釈、特に惑星や12星座の解釈では、宇宙的な視点と社会的な視点の両面を大事にし、深い洞察と独創的な視点が、多くの人の支持をえている。

持ち物 筆記用具
主催 bes企画

お申し込みはこちらから。

ムクノキ 古木の発するエネルギー

住みたい街としても名高い吉祥寺の駅からほど近く、武蔵野市と三鷹市にまたがる都内有数の人気スポットが井の頭恩賜公園です。
年間を通じて多くの人々が散策に訪れる井の頭公園ですが、その中心には神田川の源である井の頭池があります。池沿いにはサクラを中心に多くの木々が植えられ、四季折々の姿で来園者を迎えています。今回はその中に、力強い姿をみせるムクノキを見つけました。

池に向かってせり出すように伸びる幹は、そこから吹き出した新芽にびっしりと覆われています。枝葉が重なり合う姿を下から見上げると、この木が全身で呼吸をしているような力を感じました。
ムクノキは成長の早く、芽を出す力が強い木だと言われています。

 

 

また古木になると樹皮が剥がれ落ちるのが特徴で、写真でも幹の上の方にその跡が見られます。このことから井の頭公園のムクノキもある程度の樹齢を重ねていることが分かりますが、実は幹の途中から芽吹いている様子からもそれが言えます。

 

 

 

胴吹き」というこの状態は、葉から根まで全体に栄養が回らなくなった樹木にみられるもので、幹から直に葉を出すことで緊急の光合成を行なっているのです。
ムクノキを見上げたときに感じた力は、勢いを徐々に失いながらも生きようとする命のエネルギーだったのかもしれません。

ソメイヨシノ 真夏に木陰のオアシス

記録的な暑さが続く今年の夏。
外にいるだけでくったりと力を奪われてしまう人間とは反対に、街の樹木は強い日差しの中でも元気いっぱい、生き生きと葉を茂らせている様子がそこかしこで見られます。

そんな夏真っ盛りの今回の樹木は、日本人と最も親しい関係を築いてきたサクラの代表種、ソメイヨシノです。
数百種に上るサクラの園芸品種のうち、ソメイヨシノは成長の速さ、見栄えのする花の美しさから最も好まれ、明治以降、爆発的な勢いで植樹が進みました。

 

 

全国各地、学校や公園、街路樹など街のいたるところ目にすることができますが、やはり見頃は美しい花を咲かせる春。ではなぜこの時期に?と思われるかもしれませんが、サクラの各種にとって夏は重要な季節。実は、照りつける太陽のもとで次の春に咲く花芽をつけているのです。
写真は葛飾区某所の住宅地の一画。ソメイヨシノのアーチが続く通りがありました。

 

 

 

道の両脇から青空を覆うように伸びる枝葉は、熱いアスファルトの地面に涼やかな影を落とします。ただの日陰と違い、水分を蒸発させる葉のおかげで木陰は幾分涼しく、一息つける心地よい空間をもたらしてくれます。
照りつける太陽から私たちを守ってくれる一方で、人知れず次の春に花を咲かせる準備を始めているソメイヨシノ。季節ごとに寄り添い方を変えながら、日本人の生活に息づいてきたことを感じました。

根津神社 表情豊かな夏のツツジ

短い梅雨が明け7月に入り、東京はひとっ飛びで真夏へと向かって日中の気温をぐんぐん上げています。強まる日差しに、街の木々も緑の深さを日に日に増しているようです。そんな平成最後の夏の始まりにご紹介するのは、日本人に親しみ深い低木、ツツジです。

アジアに広く分布するツツジは、日本でも古くから園芸品種として親しまれ、交配を重ねて多くの品種が生み出されてきました。そのため多くのツツジの仲間が、春には白や淡いピンク、濃い赤や紫など鮮やかな花を咲かせ、人々の目を楽しませてくれています。ですが花が見頃の春が過ぎ、夏の青々としたツツジに目を向けることはあまり無いのではないでしょうか。

 

 

文京区根津、この地にある根津神社はツツジの名所として知られています。境内の3000株を超えるツツジは3月の終わりから5月にかけて色とりどりに咲き競い、この時期のつつじまつりには毎年多くの人が訪れます。

根津神社のツツジは花を散らすと、きれいに剪定された丸い姿を保ったまま新葉を開きます。葉の色が一段と濃くなる今の季節、もこもことしたツツジの姿は苔むした岩のようにも、あるいは小さな森のようにも見えます。

 

 

 

強い日差しが少しずつ陰る夕方、連なる株の陰影は深まり、より一層豊かな緑の表情を見ることができます。
春に咲く花や、秋の紅葉が見どころの樹木も、少し時期をずらして見てみることで、このように新鮮な美しさを発見することができるかもしれません。

2018年6月16日〜17日の初の青森ツアー♪ 素敵な出逢いが生まれました!

 

 

 

 

 

 

 

「深い森の新しい命を探してin Aomori」ツアーが無事に終わりました!青森の大自然で、The Tree Angel Oracleのカードを選ぶところから始まり、樹木医である玉熊さんに素晴らしいお話をお伺いすることができました。

2日間、エネルギーの高い樹木との出逢いがあり、参加された方々の素晴らしい出逢いこそが更なる強いエネルギーとなりました。青森の自然からスペシャルなプレゼントを頂いた気がします。

樹木は、私たちの人の心を受け止め、そして忘れかけていた何かを思い出しながら、包み込んでくれる力を見せてくれた気がします。

第一回の青森ツアーを終了しましたが、the-serendipityの大切な行事となりました。