「月星座を理解し、本来の自分自身を生きる」を終えて

セレンディピティでの星読みワークショップ、今回のテーマは「月星座」でした。

「月星座」は自分自身の本当の気持ちであり、本質であり、本性でもあります。その月星座を認識することは「自分自身の存在を肯定するための最良の手段」です。例えば、月星座に獅子座を持つ人は、「一言多い」「でしゃばり」「暑苦しい」「うざい」批判を受けることがあります。社会的にはそうした一面を制限することは、大事なことかもしれません。しかし、あまり過度に自分のそうした面を否定すると、自分らしく生きることができなくなります。月星座に獅子座を持つ人であれば、自分自身の「うざさ」に誇りを持つ必要があります。なぜなら獅子座は、自分の持つ熱量が、人生を切り開き、周囲の人も動かし、何かを成し遂げることを促すからです。人の個性は、長所と短所がトレードオフであるため「いいとこどり」はできないのですね。今回のワークショプでは、初心者の方ばかりでしたが、皆さん熱心でとても手応えがありました。講座をきっかけに、より「自分らしくあること」を目指してほしいなと思います。月星座を理解することが、占星術の勉強の入口になる人も多くみられます。占星術により興味を持っていただけると嬉しいですね。

2018年4月16日(月)「月星座を理解し、本来の自分自身を生きる」

2018年4月16日(月) the-serendipity の東海豊の星読み「月星座を理解し、本来の自分自身を生きる」を渋谷ヒカリエにて開催しました。
東海先生の揺蕩うような優しい声に導かれ、参加者一人一人の月星座の解説を聞きました。
普段、私たちが一般的に雑誌やテレビなどで触れるのは太陽星座(一年周期の星座)ですが、この講座では主に月星座(生まれた日の一ヶ月周期の星座)を読むことを課題としています。
私たちは生きていく中で様々な環境や人に触れ変質していきますが、その中で太陽星座的特質は磨かれていきます。
対して月星座とは、人が生まれた時に持つもので、必ずしも太陽星座と一致しません。
月星座とはありのままの生まれ持った特性であり、それを知ることは自分自身の生き方を考える一助になるかと思います。
いかに生きるか?
誰しも一度は考える問いだと思います。
先天的な月星座、後天的に身につけ仕事をする際などに現れる太陽星座、特に月星座を理解し、生き方の本質を捉えること。
参加者の方たちは、それぞれの月星座の解説を大変興味深そうにメモを取り、たくさん質問をしていらっしゃいました。

これから、the-serendipity をどうぞお楽しみください。

2018年4月14日(土) 和ビーガン 春のutage 〜 繋がりを食べる !

2018年4月14日(土) the-serendipity の春のutage 〜 繋がりを食べるのイベントを開催しました。

美味しい野菜を取り寄せて、カラフルな和ビーガン料理を堪能して頂きました。和ビーガンシェフの桧山くんと半田さんが素敵な料理をご準備してくれました。

野菜だけでもお腹がいっぱい!!

これから、the-serendipity をどうぞお楽しみください。

2018.5.18-20 土からはじまる農業体験 〜土・種・実〜 in Yamagata

山形での農業体験ツアーを開催します。

新しい芽が誕生する季節となりました。この度は山形の庄内になります土遊農の山澤清さんにお話をお伺いし、土のお話を中心に種や実について詳しくお話を頂きます。

また2日目の夜は、本道佳子による地元の野菜を使ったビーガン料理を作って皆で一緒に食べる時間を設けました。

この自然と向き合い、土に含まれているエネルギーと、野菜の奥深さを知ることのできる内容の濃い農業体験ツアーとなります。

是非ともお申し込みをお待ちしております。

【主なスケジュール】
◆日程:2018年5月18日(金)〜5月20日(日)
1日目(18日)
◇集合場所
飛行機の方は庄内空港 8:30
電車の方は鶴岡駅:9:30

12:30  ベジタイムレストラン「土遊農」にてランチ
13:30  山澤さんのお話(土・種・実について)
17:00  ホテルルートイン鶴岡駅前
18:30  フェリアモーレにて夕食

2日目(19日)
09:00  ホテル出発
09:30  山澤さんと土づくり
12:30  土遊農にてランチ
13:30  農業体験
18:30  アルケッチャーノにて本道佳子参加のビーガン料理

3日目(20日)
08:30  ホテル出発
09:00  農家さん見学
11:30  鶴岡駅解散
希望者のみ フーデバー内奥田寿司イル・フリージオにてランチ
(ノンビーガン・別途料金)
17:00  庄内空港にて解散

日時 2018年5月18日(金)~20日(日)
場所 農業体験:土遊農
宿泊先:ホテルルートイン鶴岡駅前
※一人部屋のご希望の場合は、申込時のメッセージに記載ください。
9名
金額 49,000円(税込み)
※庄内空港/鶴岡駅までの交通費は自己負担となります
講師 山澤清(やまざわきよし)
・ハーブ研究所SPUR代表
・株式会社庄内パラディーソ代表取締役
・日本伝承野菜研究所専務理事
・地域特産物マイスター ハーブ本道佳子(ほんどうよしこ)
・国境なき料理団代表理事
・和ビーガンシェフ
・農家の野菜を使った観光施設のメニューあy地域活性化の活動を行う。
・『最後の晩餐 食事会』を定期的に開催中
持ち物 農業体験には汚れてもよい服装でお越しください。
主催 bes企画

コブシ 芳香の田打ち桜

この3月は平年より気温が高く、各地から続々と桜の便りが届きました。東京でも24日に観測史上3番目の早さで桜が満開となり、その後はお花見日和の晴天が続いています。

東京都千代田区、皇居に隣接する都心のオアシス日比谷公園でも、暖かな陽気に誘われて桜やチューリップ、菜の花など春の植物が見頃を迎えています。
その中で桜に比べて控えめな姿ながら、芳しい香りで道行く人を惹きつける木を見つけました。早春を代表する花木、コブシです。


コブシの花はヘラのような形の白い花びらを大きく広げ、香水の原料にもなる強い香りを放つのが特徴です。早春の山野に咲く白い花が麓からも見つけやすく、日本各地でこの時期の農作業の目安になったと言います。
門出の春、華やかな桜が人々を祝福するように咲くのであれば、慎ましく白いコブシの花は、シャンと背筋を伸ばしてくれるような佇まいです。
新年度の始まり。樹木に目をやる余裕を忘れず、気分新たに参りましょう。