メタセコイア 生きている化石の移ろい

今年も残すところあと40日。寒波とともに年末の慌ただしい雰囲気もひしひしと感じるこの頃ですが、そんなときこそ自然に目を向けてホッと心を落ち着かせたいものです。さて今が最盛期の紅葉ですが、今回はこれから見頃を迎える木をご紹介します。
メタセコイアという木をご存知でしょうか。はじめ日本を含む北半球の各地で化石として見つかり、その後中国で現生種が発見された「生きている化石」です。メタセコイアの名は、化石を発見した植物学者、三木茂によって「(常緑針葉樹の)セコイアに似ているが異なるもの」という意味で1941年に命名されました。日本の気候によく合い、高いもので30mを超えるほどに成長する針葉樹です。
名前の由来であるセコイアしかり、マツやスギなど針葉樹は秋になっても青々とした葉を保っているイメージがありますが、日本には紅葉して葉を落とす針葉樹が4種類ほど存在します。メタセコイアはそのひとつ、12月中旬にかけて細長い羽状の葉が赤茶色に染まるのです。葛飾区の水元公園には、なんと1800本を超えるメタセコイアが立ち並び森をなしています。そこに一歩足を踏み入れると、針葉樹ならではの深さのある樹冠に細かく密集した葉がわっと視界を覆い、まっすぐ伸びる幹が視線を上へ上へと導きます。化石で見つかった植物が季節を追って変化していく姿を見ると、壮大な時間の流れの中にいるような不思議な気分になります。見慣れた紅葉とはひと味違うメタセコイアの森に、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

旧乃木邸 栄光のシンボル月桂樹

10月も終わりとなるこの週末、2020年の東京オリンピック開幕までちょうど1000日を迎えます。今回はオリンピック発祥の古代ギリシアに縁のある樹木のお話です。
古代ギリシアでは、神々を崇めるために各地でさまざまな祭典が行われていました。オリンピックの起源であるオリンピア競技祭典を始め、スポーツだけではなく詩歌の朗読や音楽の演奏に至るまで、幅広い分野の競技が記録に残っています。
各祭典の勝者には、それぞれの神殿の神木の葉を用いた冠が贈られたといいます。その中で、芸術の神アポローンを称えるピューティア大祭の勝者に贈られたのを起源に、現在では勝利や栄光のシンボルとされているのが月桂樹です。
陸上競技の優勝者の冠やトロフィーなどにあしらわれている長楕円形の葉、もしくは料理に使われるベイリーフ/ローリエと聞けば馴染みがあるのではないでしょうか。
日本には明治期に渡来した月桂樹ですが、都内では意外な場所で目にすることができます。

 

 

 

東京都港区乃木坂。アイドルグループの名称にもなった地名(汎称)の由来である旧乃木邸-明治期の陸軍大将、乃木希典の邸宅-の庭に、乃木大将手植えの月桂樹があります。公園として整備されている敷地内には、月桂樹の他にもハナミズキやサクラなど様々な樹木が植えられていますが、それらに比べると月桂樹は幹が細く枝も直立して横に広がらないため、樹形としては控えめな印象を受けます。しかし硬く厚みのある葉は秋になると暗褐色の深みを増し、多くの木々の中でも埋もれない存在感を放っています。大ぶりで派手な木ではありませんが、古代ギリシアから私たちの食卓まで太いつながりをもった樹木なのです。

イロハモミジ 季節のグラデーション

朝晩の気温がぐっと下がり、一気に季節が進んだように感じるここ数日。街の木々も万緑の候から徐々に衣替えを始めています。
紅葉の代表樹であるイロハモミジはカエデの一種で、その掌状に深く切れ込みの入った小ぶりな葉は、秋の深まりに伴って鮮やかな紅色へと染まっていきます。今の時期はちょうど、一本の木でも枝先から中心部、樹冠の上部から下部へとグラデーション状に葉が染まっていく様子を目にすることができます。
東京都文京区、東京ドームのすぐ隣にある小石川後楽園のイロハモミジも、大泉水の周りで秋の装いを纏い始めています。葉が美しく色づくには、昼夜の温度差、十分な日当たりや湿度などいくつかの環境条件があります。その点で小石川後楽園のように池を中心に据えた日本庭園や公園は、適度な樹間と湿度が保たれた環境にあるため全国的にも紅葉の名所と呼ばれる場所が多くあるのです。

「もみじ」という言葉はもともと木々の葉が赤、または黄色くなることを意味する「もみず/づ」という言葉に由来すると言われています。もみずとは染め物を「揉み出ず」、つまり水の中で染料を揉み出すことになぞらえ、葉色が染まっていく様を表しているのです。いにしえの人はこの時期、霜さえ降りるようなひんやりとした朝晩の空気の中で季節が進むことを、感覚的に捉えていたのかもしれません。


紅葉の季節はまだ始まったばかりです。公園や街中でこれという一本や一帯を決め、葉がどこから染まっていくのか、紅葉の進みを追ってみるのも楽しいかもしれません。

日本庭園で際立つ水辺の松

松といえば“松竹梅”と縁起物の筆頭であり、能や狂言の舞台の背景にも描かれている木。また青々とした松が美しい海岸の風景を示す“白砂青松”という言葉もあるように、日本人にとってどこかシンボリックな木なのではないでしょうか。各地の景勝や自然を模して四季の移ろいを鑑賞する日本庭園にも松は欠かすことができません。
江東区清澄白河にある清澄庭園は、大泉水(池)を中心に周りを園路が囲む典型的な形式の日本庭園です。ここでは池の縁から水面ぎりぎりに枝を伸ばす松の木々と、その枝ぶりが美しく水面に映る様子を間近に見ることができます。
清澄庭園は当初、地方藩主の下屋敷内の庭園として造られたましたが、明治に入り三菱財閥の創業者である岩崎弥太郎の手に渡ると、さながら石庭の観を呈す現在の姿へと手が加えられていきました。岩崎家は自社の汽船を使って全国から名石を集め園内に配置したほか、一枚岩の石橋やとび石の磯渡りなど、効果的に石を使って池の景観を楽しむ工夫を盛り込みました。実際に石の上を渡ると視線が水面に近づき、歩を進めるごとに池に映る草木の姿が変化していくのがよく分かります。池の中島に植わる松の姿は言うまでもなく、揺れる水面に映る様子もまた日本庭園ならではの風景です。これから迎える紅葉の時期には、松に加えて色づいた他の木々も水面に表情を足してくれます。いつもは見上げる視線を少し下げてみると、新しい秋を発見できるかもしれません。

 

神代植物公園 サルスベリが伝える秋の訪れ

真夏に花をつける樹木は、それほど多くありません。
夏のはじまりから秋にかけて、季節をまたぐように花を咲かすとなればなおさら、 数えるほどです。梅や桜など馴染みある花が見頃の春と、紅葉と共に金木犀が香りを運ぶ秋の間にあって、夏の樹木は花というより青々とした葉のイメージが強いのではないでしょうか。

そんな中、夏真っ盛りの8月に見頃を迎えるのがサルスベリです。
サルスベリは猿でも足を滑らせてしまうほどすべすべとした樹皮の様子からその名で呼ばれていますが、別名を百日紅(ヒャクジツコウ)と言います。これはサルスベリの花を咲かせる期間の長さに由来していますが、早いもので7月から遅いものは10月までと、“百日”も決して大げさではありません。
強い日差しの中で濃紅や白色の花を枝先いっぱいに咲かせた、盛夏のサルスベリの美しさは言うまでもありませんが、“百日”間のサルスベリの変化が楽しめるのがちょうど今、初秋に当たる9月~10月です。
まだまだ鮮やかな花を次々と咲かせ、夏の勢いを保っているもの。秋の風に乗ってその花を散らすもの。同じ場所にあっても枝の生育にばらつきがあるサルスベリはこの時期、まさに移りゆく季節を表すように一本いっぽん異なる姿を見せています。
調布にある神代植物公園の一角、「さるすべり・ざくろ園」でも様々な姿のサルスベリを見ることができます。こちらのサルスベリは庭木や街路樹として剪定された小ぶりなそれとは異なり、自然のまま横に大きく枝を広げています。背丈も街中で見るより高く、枝先の濃紅の花が秋晴れの空に良く映えています。紅い花のサルスベリの奥で白い花を咲かせているのは、シマサルスベリという種類です。班模様の樹皮が特徴的なこちらはちょうど花が散り始めており、ちりめんのようなくしゃっとした細かい花が雪のように舞っていました。
神代植物公園の中で「さるすべり・ざくろ園」は、深大寺につながる門の近くにあります。
サルスベリの木々に新しい季節の訪れを感じた後は、新そばも美味しい深大寺へ秋の散策へと参りましょう。