メタセコイア 生きている化石の移ろい

今年も残すところあと40日。寒波とともに年末の慌ただしい雰囲気もひしひしと感じるこの頃ですが、そんなときこそ自然に目を向けてホッと心を落ち着かせたいものです。さて今が最盛期の紅葉ですが、今回はこれから見頃を迎える木をご紹介します。
メタセコイアという木をご存知でしょうか。はじめ日本を含む北半球の各地で化石として見つかり、その後中国で現生種が発見された「生きている化石」です。メタセコイアの名は、化石を発見した植物学者、三木茂によって「(常緑針葉樹の)セコイアに似ているが異なるもの」という意味で1941年に命名されました。日本の気候によく合い、高いもので30mを超えるほどに成長する針葉樹です。
名前の由来であるセコイアしかり、マツやスギなど針葉樹は秋になっても青々とした葉を保っているイメージがありますが、日本には紅葉して葉を落とす針葉樹が4種類ほど存在します。メタセコイアはそのひとつ、12月中旬にかけて細長い羽状の葉が赤茶色に染まるのです。葛飾区の水元公園には、なんと1800本を超えるメタセコイアが立ち並び森をなしています。そこに一歩足を踏み入れると、針葉樹ならではの深さのある樹冠に細かく密集した葉がわっと視界を覆い、まっすぐ伸びる幹が視線を上へ上へと導きます。化石で見つかった植物が季節を追って変化していく姿を見ると、壮大な時間の流れの中にいるような不思議な気分になります。見慣れた紅葉とはひと味違うメタセコイアの森に、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

旧乃木邸 栄光のシンボル月桂樹

10月も終わりとなるこの週末、2020年の東京オリンピック開幕までちょうど1000日を迎えます。今回はオリンピック発祥の古代ギリシアに縁のある樹木のお話です。
古代ギリシアでは、神々を崇めるために各地でさまざまな祭典が行われていました。オリンピックの起源であるオリンピア競技祭典を始め、スポーツだけではなく詩歌の朗読や音楽の演奏に至るまで、幅広い分野の競技が記録に残っています。
各祭典の勝者には、それぞれの神殿の神木の葉を用いた冠が贈られたといいます。その中で、芸術の神アポローンを称えるピューティア大祭の勝者に贈られたのを起源に、現在では勝利や栄光のシンボルとされているのが月桂樹です。
陸上競技の優勝者の冠やトロフィーなどにあしらわれている長楕円形の葉、もしくは料理に使われるベイリーフ/ローリエと聞けば馴染みがあるのではないでしょうか。
日本には明治期に渡来した月桂樹ですが、都内では意外な場所で目にすることができます。

 

 

 

東京都港区乃木坂。アイドルグループの名称にもなった地名(汎称)の由来である旧乃木邸-明治期の陸軍大将、乃木希典の邸宅-の庭に、乃木大将手植えの月桂樹があります。公園として整備されている敷地内には、月桂樹の他にもハナミズキやサクラなど様々な樹木が植えられていますが、それらに比べると月桂樹は幹が細く枝も直立して横に広がらないため、樹形としては控えめな印象を受けます。しかし硬く厚みのある葉は秋になると暗褐色の深みを増し、多くの木々の中でも埋もれない存在感を放っています。大ぶりで派手な木ではありませんが、古代ギリシアから私たちの食卓まで太いつながりをもった樹木なのです。