緑の花のもつチカラ

ヴァインのエッセンスは、葡萄の花から作られます。あの美味しいフルーツのブドウやワインを生み出す葡萄の花は、ほとんど目立たないくらい小さいみどり色の存在です。

花は、植物にとって命を継ぐための重要な生殖器官ですから、本来は色鮮やかに彩ったり、目立つ形をして昆虫たちを誘うもの。小さい上にみどり色をしていたら葉っぱの緑と混じり合い、まるで気づかれなくなってしまいそうです。
38種のバッチ博士のフラワーエッセンスの中で、とくに三つのエッセンスがみどり色の花から作られています。スクレランサス、ワイルドオート、そしてヴァイン。これらには実は共通する要素があります。目立たない花は、その花によって作られたエッセンスを飲んで起きる変化の鍵が、とても見落としやすいささやかなところにあることを暗示します。そして、緑という色のもつ力。これはハートチャクラの色と言われ、私たちのハートに働きかけます。
自分の心に生じる小さな動きを大切にすることが鍵になるのです。
それによって今まで自分に無理を強いて頑張ってきたことを、もっと心安らかに見守れるようになります。(ヴァインのケース)
大事な選択をするときに必要なのは、自分のうちの心に深く忠実であること。(スクレランサス)
エネルギーを無駄使いしてきたパターンから、自分の喜びのためにはほんとうは何が最適かに気づいていくようになります。(ワイルドオート)
ヴァインのフラワーエッセンスを、またはワインを片手に、強い意志のみではなく人生をリラックスして過ごして行けるようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。