植物からの語りかけ

brisa libreriaで行っている講座「フラワーエッセンスの世界」は、二回ワンセットなので、みなさんがエッセンスを飲んでからどう変化したか、感じたかを、二回目の講座で分かち合えることが、いつもとても楽しみです。自分の感じ方や考え方はもちろんのこと、周りの人たちからポロリと言われた言葉、物事への反応の仕方の変化、そして夢の内容などにもその効果が現れます。

エッセンスは、私たちの心でも、とりわけ自覚していなかった次元に働きかけます。無意識と意識のはざま、心の深いところへと。それは、ちょうど夢の次元とも一致します。
そして、私たちの魂が、心に語りかける場所でもあります。夢は大切なことをシンボルを使って伝えてきます。
シンボルとは、記号としての、形、色、数、様々な物、人物や神話的なキャラクターなどのことです。
夢のメッセージがシンボルを通して語られるように、植物のメッセージも象徴的(シンボリック)です。フラワーエッセンスの原料である、一つ一つの植物をていねいに観察することで、エッセンスのもたらすエネルギー・パターンが見えてきます。大きな木の花のエッセンスと、一年しか生きない草花のエッセンスは、伝えてくるものは、まったく違います。
こうしたことを、なにより深く解説してくれているのが『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』ジュリアン・バーナード著 …です。初めてフラワーエッセンスの本を買う方には、少しボリュームがありますが、独学で学んでみたい方、すでに学んできた方には、とってもオススメ。根っこ、幹や茎、葉そして花のもつ意味をそれぞれ説明してあり、植物の語りかけを私たちも聞き取れるように後押ししてくれます。風に舞う、木の葉は、あなたへのラブレターです。
brisa libreriaに置いてありますから、ぜひ手にとってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。